バイク・ライディングテクニック ” ライテク道 ”トップ→スポンサー広告→初めての峠道(ワインディング)の攻め方> バイク・ライディングテクニック ” ライテク道 ”トップ→ライテク→初めての峠道(ワインディング)の攻め方>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての峠道(ワインディング)の攻め方

今回は初めての峠道の攻め方(走り方)について考えてみたい。

ツーリングで知らない峠道を攻めることはリスクが大きく、ライディングテクニックと経験の差が出るところだ。

 

しかし安全に速く走る事は可能である。(自分のペースで)

 

峠道には独特の走り方があり、それらを忠実に守りながら走行する事によって、楽しくスポーツライディングできる。

初めての峠道を攻める上でのポイントは3つある。

一つ目は、目の前に迫るコーナーの ”” をどう予測するか、という事。

この ”予測” がベテランと初心者の差が一番差でるポイント。

峠のコーナーリングの基本は ”スローイン” だがコーナーのを読み間違うと”ファーストイン”になってしまう。ではコーナーのをどう予測するか?

右コーナーを例に説明しよう。

コーナーのを予測するため出来るだけアウト側からコーナーに進入する。この時正面に見えるコーナーのアウト側(ガードレール)の曲がり具合でコーナーの”一旦” 予測する。

この時点で進入スピード(安全マージンを取ったスピード)と寝かし込むポイントを決めブレーキングを開始する。

そして寝かし込みポイントでクイックにバンクしコーナーリングに入る。ここで奥が更に回り込んでいたら慌てずフロントブレーキングをかけ(強く掛けると転倒する)一旦バイクを起こし減速しながら若干アウトにはらみ再度バイクを寝かし込む。

オーバーランしないように”視線はコーナーの出口”に向けておく事、ガードレールを見ると吸い込まれる!

走行ラインとしてはとしてはアウト、アウト、インだ。コーナー進入で出来るだけアウト側を走りコーナーの先を”見る”ことで予測する。

注意するのはRを読むときにアウト側(ガードレール)を”見続ける”とガードレールに吸い込まれる様に進んでしまうので、あくまで”一瞬だけ見て”後は寝かし込むポイントに視線を向ける事。

二つ目は峠道では寝かし込むポイントをコーナーごとに”毎回”決め、クイックに寝かし込む事。

だらだら寝かし込むコーナーリングは厳禁。成り行き任せのコーナーリングではコーナーの”R”を読み間違った時対処できない。

常にコーナー進入でスパッとバイクを寝かし旋回させる”クセ”をつける事。(浅いバンク角でも一気に寝かす事でバイクは旋回する)

コーナー進入でクイックに寝かす事でバイクを”旋回”させ”R”の読み間違いに対処できるようにする。(ブレーキングで一旦バイクを起こし、再度バイクを寝かしコーナーリングをやり直す。)

三 つ目はコーナー立ち上がりにかけてアクセルを開けるタイミングと走行ライン。

初心者に多いのがバンクしてすぐアクセルをパーシャルにしてしまうパターン。

バンクしてから旋回するまでには少しタイムラグがあるのだが、ここでアク セルを開 けパーシャルにすると向き変えが完了していないのでアウトにはらんで しまう。

アクセル全閉で曲がる区間は不安であるが必要である。(一瞬であるが)

出口に向けてアクセルを開けていく上で注意する事は、タイヤが不用意にスライドしないように出来るだけバイクを起こす事。そしてラインアウト側いっぱいまで使わず”直線的”に立ち上がる事である。

 

以上、初めての峠道(ワインディング攻めるポイントを説明したが、無理は禁物。

これらの三つのポイントをうまく組み合わせれば楽しくライディングできるはずだ。

峠道のライディングテクニック」の記事も参考に。

にほんブログ村 バイクブログ ライディングテクニック・スクールへ

テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

tag : ワインディング 攻める

コメントの投稿

非公開コメント

Rの見極め方・・番外編

凄い・・理論的ですね。

ところで、Rの見極め方の番外編になってしまうと思いますが、
カーブミラーを参考にするというのがあります。
ご存知かもしれませんが・・。

カーブミラーの有るカーブでしか使えないテクニックですが、
カーブミラーの角度でRを読むのです。
縦長の楕円の面積が小さいほどカーブは緩やかで
延に近付くほどきつくなるというだけですけど
意外とそんなことを考えていない人も多いようです。

ちなみに私はもうスクーター(スカブ)になってしまったし
オジサンなのでもう飛ばしていません。

Re: Rの見極め方・・番外編

コメントありがとうございます。

確かにカーブミラーもRを読む時に役立ちますね。

大変参考になります。

Rの読み間違いは危険ですので、いろんな方法で分析する必要がありますね。

Rの見極め方・・番外編

> 凄い・・理論的ですね。
>
> ところで、Rの見極め方の番外編になってしまうと思いますが、
> カーブミラーを参考にするというのがあります。
> ご存知かもしれませんが・・。
>
> カーブミラーの有るカーブでしか使えないテクニックですが、
> カーブミラーの角度でRを読むのです。
> 縦長の楕円の面積が小さいほどカーブは緩やかで
> 延に近付くほどきつくなるというだけですけど
> 意外とそんなことを考えていない人も多いようです。
>
> ちなみに私はもうスクーター(スカブ)になってしまったし
> オジサンなのでもう飛ばしていません。

お勧め サイト

バイク用品&インプレッションウェビック

 

 

 

 

アクセストレード

 

 

サイトマップ

全ての記事を表示する

最新記事
スポンサードリンク
My Yahoo!に追加
My Yahoo!に追加
月別アーカイブ
プロフィール

asayan42

Author:asayan42

16歳でバイクの免許を取得。250、400、750ccとステップアップ。フレディ・スペンサーにあこがれモータースポーツの世界ににのめり込む。、現在もライテクを極めるためサーキット、峠道をスポーツライディングする。

ライテク道とは・・・

ユーザータグ

ASC DTC BMW トラクションコントロール ドゥカティ ABS 電子デバイス ハイテク技術 秘訣 スムーズ リラックス 外足 イン側 ステップ荷重 胸パッド プロテクター 予算 ツーリングスポーツ サーキット 目線 見る時間 調整 二段掛け テクニック 立ち上がり 進入 峠道 ブラインドコーナー コーナー 攻める  ワインディング 雨の日 フルバンク 苦手意識 ケニー・ロバーツ youtube スライド BKライディングスクール 外足荷重 ステップワーク リアステア 

訪問者数
ランキング参加中    クリックしてね↓
ライテク道 お勧めサイト

 

バイクBOOK&DVDの専門店

 

バイク用品のことなら

 

レンタルバイクのことなら

 

永久保証のスナップオン

 

バイクの買取りなら

カテゴリ
ライテクを極める
姉妹サイト

ツーリング、カスタム、バイク全般に関するコラム

 バイクライフ 

 

管理人の愛車BMW R1150R rocksterを中心につづるブログ

 BMW.rockster.com

  • 管理画面
  • RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。